TOKUSHIMA NEW BORN PHOTOGRAPHY

初めまして。徳島ニューボーンフォト

BABITS(べビッツ)です。

ニューボーンフォトってどんなイメージですか?

インターネット上には、たくさんのニューボーンフォトがあふれています。

 

生後間もない赤ちゃんの写真を

ニューボーンフォトと呼ぶイメージありませんか?

実は、新生児の写真=ニューボーンフォトではないのです。

この撮影に必要なのは

「お腹の中にいた時の面影を残すこと」

生後2週間ほどの赤ちゃんは胎内にいた時のことをよく覚えていて

環境を整えて撮影に臨むと、本当によく眠ってくれます。

ニューボーンフォトに必要 不可欠なのは

おくるみとポージング。

赤ちゃんにとっては

お腹の中にいた時の、安心感。

ママにとっては

初めて目で見る、胎動。

それをアートとして表現したものがニューボーンフォトと呼ばれています。

私たちは夫婦で撮影しています

​自分たちにも子供が生まれ、あっという間に大きくなる我が子に「写真の大切さ」を改めて教えられた気がしています。

私たちも子育て真っ最中です。

アドバイスできることはあまりありませんが、共感できることは多いはず。

あまり外出ができないママの気分転換に少しでもなりたいと思っています。

自宅でもスタジオのように

私たちにとって、ママの体はとても大事なんです。

撮影時期は、産褥期と呼ばれママの体を休める大切な時期。

そこでママの体調を考え、撮影場所はご自宅をおすすめしております。

ホームページやSNSに掲載しているものは、ほとんどご自宅での撮影が可能です。

一部スタジオのみ可能なものもございます。直接ご確認ください。

もちろん北島のスタジオでも撮影が可能ですが、必ずご家族の方に同行していただくようお願いいたします。

FAQ

徳島 ニューボーンフォト

​Q:予約はいつからできますか?

A:出産前の「産前予約」がおすすめです。

妊娠7ヶ月からご予約が可能です。

産前予約は仮予約のため、出産後に改めてご連絡をいただき正式な予約となります。

撮影日は、出産予定日より2週間以内に調整し仮で設定をします。

予定日がずれ再調整となった場合、ご希望の曜日に添えない場合がございますのでご了承ください。

徳島 ニューボーンフォト

Q:撮影にはどれくらいの時間がかかりますか?

A:撮影準備から終了までで約2時間を予定しています。

お選びいただくプランによってコーディネート数が変わりますが、撮影自体には1時間から1時間半。

打ち合わせや準備などを合わせると、トータル2時間はかかる予定です。

健診時期やご予定と重なる場合、撮影を予定の後にお入れいただくことをおすすめしています。

​午前は10時から、午後は13時からスタートさせていただきます。

Q:自宅で撮影の場合、どれくらいの広さが必要ですか?

A:大きめの窓のあるお部屋を4から6畳分お借りしています。

お部屋の広さを気にしていただく方が多いのですが、撮影できなかったことはありません。

スタジオかご自宅か迷われる場合は、事前にご相談ください。ご自宅の場合、お部屋の写真を送っていただきお部屋の明るさを確認させていただいております。

床は畳でもフローリングでも大丈夫です。「エアコン、大きめの窓」この2つがあれば大丈夫です。

徳島 ニューボーンフォト.jpg

​Q:双子の場合の料金はどうなりますか?

A:プラン料金のまま、お子様の人数で価格の変動はありません。

双子の赤ちゃんだったとしても、料金が二人分発生することはありません。

基本はプラン料金そのままでご案内いたします。

双子の赤ちゃんは、お腹の中で二人で過ごしていたこともあり、一人で撮影するよりも二人で一緒に並んだコーディネートの方が落ち着くことが多いです。撮影は二人でできるコーディネートで行います。

出産が計画分娩の場合には、連絡を取り合いながら撮影日を決定します。

 

徳島 ニューボーンフォト.jpg

​Q:撮影グッツはレンタルできますか?

A:おくるみや背景などは全てこちらでご準備いたします。

おくるみや、背景に使う布や小物についてはこちらで全てご準備いたします。

ご自身で一緒に撮影したいものがありましたら、気兼ねなくおっしゃってください。

ファーストトイや、指輪、エコー写真などをお持ちいただく方が多いと思います。

その他、授乳グッツやオムツ、お着替えはご自身でご準備をお願いいたします。

徳島 ニューボーンフォト.jpg

​Q:赤ちゃんが撮影の時にうまく寝てくれるか心配です

A:寝かしつけはこちらで行います。お任せください。

寝かしつけは、こちらで行います。赤ちゃんが例えスタート時に起きていたとしても、おくるみを巻くと徐々に眠りについてくれる子がほとんどです。

ママやご家族のみなさまに事前にお願いする点がありますので、撮影前日までにお伝えさせていただいております。​1日のサイクルや、少しでも不安に感じられましたら気兼ねなくご相談ください。

徳島 ニューボーンフォト

​Q:赤ちゃんはおくるみを苦しがったりはしませんか?

A:大丈夫です。おくるみが嫌いな子はいません。

大人から見ると苦しそうに見えるおくるみ。よく嫌がらないのか、と聞かれますがそんなことはありません。10ヶ月もの間、温かく狭い場所にいた赤ちゃんにとっておくるみは安心を与えてくれます。

産後の退院までの間に一般的な巻き方の「お雛巻き」をママたちに教える病院も増えてきました。

撮影後、ご希望の方にはママにもできる巻き方をお伝えしています。夜なかなか寝付けなかった子が4時間はまとめて眠るようになったと連絡が来ることもあります。ニューボーンフォトで使用するおくるみや巻き方は独特なのですが、安全な巻き方を勉強し徹底して行なっています。

徳島 ニューボーンフォト.jpg

​Q:SNSでよく見るうつ伏せ。興味があるけど不安です。

A:どのように撮影しているかご説明します。ご安心ください。

うつ伏せについては「裸になると泣くことが多いので撮影ができるか」というご質問や、SIDS(乳児突然死症候群)の危険性を考えられる方が多いのではないでしょうか。

私たちが行うポージングは赤ちゃんが眠ってくれるので、ご自身でもできてしまうように感じられてしまいますが、足・手・顔の位置や長時間行うことによって危険を伴うことがあります。ご自身で行うセルフフォトも流行っていますが、おくるみと違いママやパパにやり方を私たち教えることはありませんしご家族様だけでこの時期にうつ伏せにすることはおすすめしません。

私たちは安全なポージングを勉強しています。私たちがどのような工夫をしているかは、ご質問いただけましたら撮影時にきちんとご説明いたします。​気兼ねなくご相談ください。

寝るかどうか、

不安に思っていませんか?

 

寝ない日があったり、グズグズ泣いている理由がわからない日があると撮影日を不安に思う方もいらっしゃいます。

基本、寝かしつけを行うのは私たちです。

ママに赤ちゃんが寝るまで頑張ってもらっているのではありません。赤ちゃんが眠るタイミング見るために、無理に寝かす必要はありません。

「寝かしつけなくていい」と言うだけでちょっとホッとしませんか?

 

私たちも四苦八苦するときもあります…笑 そんな時はゆっくり見守ってください。

ママに安心して任せてもらうために

私たちが目指したいのは

「見ているママが安心するニューボーンフォト

撮影前に必ず、手洗いと消毒。

使った撮影グッツは、毎回洗濯。

心地いい温度や湿度。

赤ちゃんそれぞれに合った無理のないポージング。

そして、県外でも活躍されていらっしゃる方の

ワークショップやセミナーを受講し

安心しておまかせいただけるよう努力を続けます。

予約方法について

No.1

​産前仮予約

​予約は出産前の仮予約がおすすめです。産前予約は一定のご予約数が来ましたら、満席として一度予約は締め切らせていただきます。

No.2

​産後に決定

​撮影日は、出産後退院日が決まり次第正式に決定します。ご希望に添えないかもしれませんが土日ご希望の方は事前におしらせください。

No.3

​延期や中止

​事前に仮予約をいただいたのち延期や中止をご希望の場合にはキャンセル料などは発生しません。産後の体調によってご相談ください。

No.4

​仮予約なしもOK

​産後に初めてお問い合わせをいただく場合、産後にご連絡をいただき都合が合えばお受けできる形になります。できる限り調整しますのでご連絡ください。

ご予約や些細な相談など、お気軽にご連絡ください。

下記のQRコードより、LINEでの友達登録をお済ませいただき名前、出産予定日、相談内容をご記入の上送信してください。2日以内には返答させていただきます。

徳島

ニューボーンフォトべビッツ

CONTACT US

徳島県北島町 KIDS NEWBORN 写真撮影 EDITS(エディッツ) BABITS(べビッツ)